TECH BLOG
技術ブログ

ARTICLE

  • 2020-07-03 PostgreSQLSwarm64 DA

    Swarm64 DAによるPostgreSQLの高速化をBIツールで可視化①

企業経営や意思決定を行う際、現在では大量のデータの中から必要なデータを分析し活用するBI(ビジネスインテリジェンス)の概念が波及し、
その分析をより効率よく行えるBIツールが様々な企業で取り入れられています。
そのバックエンドで動作しているデータベースがPostgρeSQLであればSwarm64 DAを導入しBIツールの機能向上に大きく貢献できるのではないでしょうか。

はじめに

みなさん、こんにちは。インサイトの梅宮です。
前回まではTPC-Hベンチマークなどを用いたSwarm64 DAの性能紹介などを行ってきました。
そこで今回はより具体的にSwarm64 DAを事業やシステムの中に導入することを考慮し、現在多くの企業で導入が進んでいるBIツールを用いて視覚的にPostgreSQLの高速化をみなさんに実感してもらいたいと思います。

検証方法

  • 無料BIツールである『Superset』を使用して、あらかじめ作成しておいたTPC-Hスケールファクタ−100のデータを分析。
  • 各データ分析をSwarm64 DAを用いて実行した場合と通常のPostgreSQLでそれぞれ同様のSQL実行した場合と、BIツールで可視化した際にどの程度の差が出るのかを検証。
  • 使用するFPGAカードはAlveoU250を2枚。

BIのよるデータの分析手法

TPC-Hで作成したデータから6つの項目をSupersetで可視化

  1. 6億件のテーブルから、指定した期間のテーブル総数を出力
  2. 6億件のテーブルから、指定した期間のワードを多い順に出力
  3. 3億件のテーブルから、指定した期間における特定のカラムのTop50を出力
  4. 6億件のテーブルから、指定した期間における特定のカラムのTop50を表形式で出力
  5. 5億件のテーブルから、あるカテゴリーカラムの割合を円グラフで出力
  6. 6,000万件のテーブルから、指定した2値の情報を出力

検証結果

動画の左が通常のPosgreSQLでの出力、右がSwarm64 DA使用時の出力

まとめ

いかがでしたか。BIツールを使用することでより鮮明で直感的にSwarm64 DAと通常のPostgreSQLとの性能差を理解することができたのではないでしょうか。
BI/BAツールはデータ分析の結果を可視化することで意思決定を支援するためのツールです。このバックエンドデータベースにSwarm64 DAを導入したPostgreSQLを実装することで世に出ているBI/BAツールを高速化しより円滑な意思決定を行うことができるでしょう。

終わりに

先日投稿しました『Swarm64 DA 4.1.0』のユーザーガイドにも記述していますが、Swarm64 DAも日々開発やバージョンアップが行われ、新たに全文検索の高速化ができるようになるなど、次々と新しい機能が追加されています。
今後もSwarm64 DAの最新情報とその検証結果を皆さんご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、どうもありがとうございました。

お問い合わせフォーム

https://www.insight-ltd.co.jp/contact/

関連記事

PostgreSQL高速化モジュール Swarm64 DA-入門編-
PostgreSQL高速化モジュール Swarm64 DA-導入編①-
PostgreSQL高速化モジュール Swarm64 DA-導入編②-
PostgreSQL高速化モジュール Swarm64 DA-検証編①-
PostgreSQL高速化モジュール Swarm64 DA-検証編②-
Swarm64 DA 4.1.0ユーザーガイド

参考記事

Apache Superset
Supersetを導入して、DBを可視化してみた -Qiita

CATEGORY

ARCHIVE

データベースの
パフォーマンス・チューニングのご相談は
株式会社インサイトまで
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT