「知は財産」をモットーに、

お客様とシステムにとっての

最適解を導き出す。

技術主任 入社4年目

Takato Kubota

久保田 崇斗

東京都出身。大学を卒業後、ネットワーク技術者となる。
2016年、データベース技術者を志してインサイトに入社する。
現在は高可用性データベース基盤の設計から保守までを担当する。

仕事風景

具体的な仕事内容を教えてください。

データベース基盤の設計構築から運用保守までを担当しています。お客様の業務要件に応じたカスタマイズを始め、新しい技術の検証や導入なども日々のタスクに含まれます。お取引先企業の数百台におよぶサーバー管理を委託されているため、ZABBIXによる監視の仕組みなども取り入れながら省力化を図っています。ここ数年は、特にOracleからPostgreSQLへのマイグレーション案件に関わることが多いですね。

仕事風景

仕事のどんなところに面白さ・難しさを感じていますか?

短納期かつ高品質であることが求められるいっぽうで、詳細要件まで詰めきれていないことも珍しくありません。それゆえ、お客様から真のニーズを引き出すためのコミュニケーション能力が非常に重要になってきます。ときには手探りで進めていかなければならないこともあり、そうなると難易度がぐっと上がって大変ですね。それでも工夫をしながら納期を守り、お客様から感謝のお言葉をいただいたときは非常にやりがいを感じられます。

仕事風景

インサイトという会社はどのような人に合っていると思いますか?

ひとことで言い表すと「自分で考えて行動できる人」です。自ら考え抜き、自発的に取り組んで、それによってもたらされる結果を受けて、さらに加速できる、そういう人が合っているのではないでしょうか。データベース技術者は、結局のところデータベースのことだけを理解していたのでは務まりません。インフラの知識が同時に必要となるので、どうしても仕事の内容が多岐にわたります。その意味では自分の役割を固定しないで、いろいろな角度から技術に切り込んでいける人に向いていると思います。

仕事風景

これからインサイトでどのようなことをやっていきたいですか?

私は、仕事の属人化を排除するための仕組みづくりが大切だと感じています。たとえば、ある仕事について、それを誰がしても間違うことなく、短時間で、同じ品質の結果が得られることが理想だと考えるからです。「知は財産」をモットーに、周囲の人々と積極的に知見を共有しながら、新しいビジネスにつなげることに役立てていきたいですね。

PICKUP

Takato Kubota

専務取締役 入社7年目

Ako Anraku

安樂 亜子

Tomohiro Ishihara

開発主任 入社4年目

Tomohiro Ishihara

石原 智弘

株式会社インサイトへのご応募は
下記エントリーフォームから受け付けております。