細部にこだわりながらも、

こだわりすぎない。

そのバランスが面白い。

開発主任 入社4年目

Tomohiro Ishihara

石原 智弘

大阪府出身。専門学校を卒業後、Javaプログラマーとなる。
2016年、データベース技術者を志してインサイトに入社する。
現在はデータベースの性能改善や自社製品の開発に携わる。

仕事風景

具体的な仕事内容を教えてください。

データベースのパフォーマンス・チューニングや自社製品の開発に携わっています。たとえば「このSQLの所要時間を短縮したい」、「アプリケーションのレスポンスが悪いので原因を探って欲しい」というようなお客様からのご要望に対し、OSやネットワーク、ディスクI/Oなど、データベース以外の観点からも多角的に調査し、最適解を求めていきます。そして、それらのノウハウをソリューションとして展開するための製品開発に注力しています。

仕事風景

仕事のどんなところに面白さ・難しさを感じていますか?

プロジェクトにおいては、それぞれ立場や役割の異なる方が寄り集まって物事が進んでいくので、当然のことながら、データベース技術者としての最善策が必ず受け入れられるとは限りません。そのため、そういった方々の置かれている状況も踏まえながら、いくつかの次善策を提案できるだけの引き出しが求められます。こだわりながらも、こだわりすぎないというか、このあたりのバランスが難しくもあり、逆に面白いところでもあると感じます。

仕事風景

インサイトという会社はどのような人に合っていると思いますか?

インサイトは少人数の会社ながら、努力する人を支援する制度がありますし、残業ありきのタスク・スケジューリングを良しとしない社風なので、時間の使い方にメリハリを効かせられる人には仕事がしやすい環境と言えますね。たとえば、次のような方が該当するのではないでしょうか。
・時間は有限であり、最大のコストだと認識できる人
・発信力があり、周りに良い影響を与えられる人
・常に向上心を保ち続けられる人
・仕事もプライベートも同じくらい大切にしたい人

仕事風景

これからインサイトでどのようなことをやっていきたいですか?

移り変わりの激しい情報技術の大海から、私たちの日常業務において真に有益なものを選別し、積極的に取り込んでいきたいですね。それによって自分やチーム、ひいては会社全体のパフォーマンスの底上げにつなげたいからです。また、その延長線上で、オープンソース・コミュニティに貢献できるような仕事を何か一つでも自分が残していけたらいいなと、そのように思います。

PICKUP

Ako Anraku

専務取締役 入社7年目

Ako Anraku

安樂 亜子

Takato Kubota

技術主任 入社4年目

Takato Kubota

久保田 崇斗

株式会社インサイトへのご応募は
下記エントリーフォームから受け付けております。